板金塗装の修理事例「日産 キャラバン」紹介

埼玉県・東京エリアの「修理、板金塗装」引き取り対応!「きず・へこみ・エアロパーツ塗装」等見積り無料!

ページトップ

仕上がりには絶対の自信があります!

板金塗装の修理事例

  • 修理事例一覧へ戻る

日産 キャラバン - スライドドア板金 クォーター交換

クォーター部の鉄板が伸びています。

クォーター部の鉄板が伸びています。

損傷状況

電柱に擦ってしまったらしく、左スライドドアからクォーターパネル後部までと長い範囲で歪みになっています。スライドレールにもキズが入っています。

キャラバンクオーターパネルはとても長くアールやプレスラインが少ないため、著しく鉄板が伸びてしまっていましたのでパネル交換をおすすめさせて頂きました。

修理内容

クオーターパネルを交換する為、左テールレンズとリヤバンパー、そして左スライドドアを外します。
クオーターパネルピラーのあたりと下部のサイドステップエアソーで切断しカット交換をします。その際に新車時のスポット溶接部を剥がすために、スポット剥がし専用のドリルを使用しパネルを剥がしやすくしておきます。
剥がれたら、新品のクオーターパネルを仮合わせし、問題やズレがなければスポット溶接機本決めします。
カットした部分をミグ溶接でつなげ、面だしができたらパテで仕上げをします
新品パネルは塗装がされていませんので、細かいキズをとり、塗装のための下処理をします。

スライドドア板金をしますので、キズの部分の塗膜を剥がしスタッドハンマリングで形を整えていきます。パテ薄くのせ面を出します。
さらにサフェーサーを噴き、熱乾燥後、研磨をしてしあげます。

クオーターパネルスライドドア足づけしマスキングをしましたら、塗装準備終了です。

ボディーとスライドドアを塗装ブースに入れて塗装します。
塗装後、熱乾燥をして、組み着けをします
肌調整のためのポリッシングをして、サイドのストライプを貼り完成チェックをしまして作業終了です。

修理結果

クォーターは板金出来ないこともないですが、若干の歪みが残ると思われます。今回は、オーナー様とのお話合いの中で、交換することに決定いたしました。スライドドアは板金にて作業いたしました。側面にまたがるストライプも貼り替えいたしました。

∧ ページの先頭へ

  • 無料 かんたん見積り
  • ご予約・お見積・お問い合わせはコチラまで!TEL.048-287-6660 営業時間 AM10:00〜PM7:00
  • かんたん見積り

取扱カード一覧

各種クレジット

各種クレジットカード・分割払いでのお支払いも可能です。

車工房 SHAKOBO

ゆったりとした作業スペースを確保しております!

黒いファクトリー外観でお待ちしております!

板金塗装 修理事例

引き取り・納車対応エリア

  • 埼玉県
    川口市、越谷市、草加市、八潮市、鴨ケ谷市、蕨市、戸田市、さいたま市、春日部市、松伏町、吉川市、三郷市、和光市
  • 東京都
    足立区、葛飾区、北区、板橋区

※その他の地域も一度お問合せ下さい。

魂の板金塗装〜Diary〜

有限会社 車工房(シャコウボウ)
〒334-0061
埼玉県川口市新堀362-1(362-2)
TEL 048-287-6660‎
FAX 048-287-6661

年中受付! 土・日も営業しております